2013年03月31日

霊峰・日光の山々(54)男体山 「志津小屋コース・2」

.



 霊峰・日光の山々(54)男体山 「志津小屋コース・2」 




この後は、ずっと登りが続く。 

急登である。

六合目を越えた辺りから、山道の様子が変わってきて、乾いたような白茶けた色になり、岩場も出てくる。
この辺りえ来ると、山草類も姿を現し、イワカガミと思われる植物もある。
八合目手前ではロープ場があり、急斜面なので注意が必要です。


八合目を過ぎると、右手に大きく視界が開け中禅寺湖や戦場ヶ原が望め、すばらしい景観である。

今までのきつい登りを、ふっと忘れさせてくれるようで、足下に目を転じますと、イワカガミやハクサンシャクナゲの群生が見られ、季節に咲く花を想像させてくれます。


八合目から九合目までは、素晴らしい景色を楽しむことが出来、ここまで来れば、山頂まではもう少しです。 もう一頑張りです。

きつい登りもようやく八合目を過ぎ、もう少しで、山頂へ到着するでしょう。
八合目付近の道の色は、少し赤っぽい様なピンク色がかったような色に変わってきています。 高度によって道の色や土質も変化しているようである。


九合目に着くと、山頂はもうすぐ近くで、きつい登りはもうありません。
九合目からは、尾根道のようになり、この上に建物の跡があったところに出ます。
そして、やっと山頂が見えてくる。
岩場に剣のようなものがそそり立ち、一等三角点もある。
そして、山頂です。

男体山山頂;2484m


標高2484メートル、男体山頂上の銅鳥居を入ると、南に向いて奥宮が鎮座している。
社殿と並んで、社務所と登拝者のための休憩舎(旧社務所)が建っている。
 
さらに頂上の三角地点は、勝道上人一行が二荒山大神を拝したとされる聖域で、大岩の上には対面 石と鳥居、そして長さ10尺(3.3メートル)余りの神剣が立っている。
 
真夏でも涼しく、また厳冬には吹雪で荒れる山頂のことなので、奥宮はまさに風雪に耐えてきたと、だれしも感ぜずにはいられないだろう。

山頂から約200メートル西の、旧噴火口縁のきわだった巨岩上に、太郎山神社がある。
御祭神は味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと;大国主命の子)である。
 
眼下に中禅寺湖と戦場ガ原、遠く浅間山の煙や富士山も一望できる。
勝道上人が初登頂のとき、ただ恍惚として眺めたという表現もうなずける雄大な眺望である。

またこの絶壁を利用して、昔の修験者たちは、逆さづりの修行もしたといわれている。
周辺が古代祭祀遺跡となっているのをみてもいかに大昔から登拝者が多かったことが窺える。

遺跡から出土した貴重な祭祀具類は宝物館に展示、収蔵されている。
 





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍−穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」




.
posted by 織内将男 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光・男体山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

霊峰・日光の山々(53)男体山 「志津小屋コース」







  霊峰・日光の山々(53)男体山 「志津小屋コース」 




裏男体山(志津峠付近から)



志津小屋


裏男体の志津小屋から登るコース

尚、サブコースは、今回のコースとは逆の志津小屋から登るコースが標高差約700mがある。
今回紹介しているコースが約1200mですので、標高差を考えると裏から登ったほうが楽であろう。
ただ、どちらから登っても、あまり変化のある登山道ではないのでシーズンを選んで登った方がよろしいかと思われる。
5月にはまだ残雪が残っている所もあり、登山者が多いときはガレ場やヌカルミが凄いので注意を要する。


先ず、120号線は中禅寺湖を通り越して、奥日光の光徳牧場方面に一旦入るが、光徳までは行かずに途中から右折して山道(太郎山/志津方面)に入っていく。
入ったら左折し、ここを裏男体林道とも言うが、車道の幅は車一台分しかなく、すり替えするためのスペースは所々あり、志津までは舗装されている。

志津小屋の直前に駐車スペースがあるが、シーズン中の土日は朝早くじゃないとスペースなくなる。
ここから殆んどの人が日本百名山の男体山に登ることになる。



志津は海抜1785mにあり、男体山の表登山道の五合目と同じ高さに位置し、ここから男体山、太郎山、大真名子山、女峰山などへの登山が最も容易です。
また、日光連山の中心地ですから、古来より日光修験道の峯修行の重要な場所であった。

ここから志津小屋を経由して山頂を目指します。
駐車スペースにある標識に従い、志津小屋方面へ進むと直ぐ右手に男体山登山口がある。 
登山口を入り4〜5分歩くと、丸太で造られた立派な志津小屋は、本来志津宮の社務所だったらしいが、現在は避難小屋として解放されているようです。
志津小屋の直ぐ先にも社があり、石仏も並んでいます。

山道に入り、一合目を過ぎると、直ぐに二合目に到着する。
右手に視界が開け、また、右手は土砂が崩れ落ちたような絶壁になっている。
二合目付近から堂々とした太郎山の展望が開ける。

さてここを更に登っていくと、樹林帯で視界がなくなり、粘土質の黒茶けた山道になる。
紅葉の時期は、木々が目を癒してくれます。
道は、雨水が川のように流れた後のようで、深く彫り込まれた場所もあり、また、木の根が浮き出て歩き難いところもある。






【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍−穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」






posted by 織内将男 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光・男体山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

霊峰・日光の山々(52)男体山 「二荒山大神」

.




 霊峰・日光の山々(52)男体山 「二荒山大神」 




二荒山大神(大己貴命=大国主神)


男体山頂大剣



山頂に凛々しくたたずむ二荒山大神。

反対側には太郎山や女峰山など、日光を代表する山々が見える。
男体山が父とするなら、女峰山が母、太郎山が長男、そして、大真名子、小真名子は愛子(まなこ)ってとこか。

山頂にも避難小屋、鐘も用意されているので、勝利の一突きをしてやりましょう。
そして、その奥の岩場が本当の天辺へ。 標高2486m、


山頂には二荒山神社奥宮と立派な二荒大神像があり、奥宮から少し右に行ったところの
岩に登るとそこが一等三角点がある男体山山頂である。
また、頂上の岩の上に大きな剣が天を突き刺すように立っており、2003年10月に、この
岩の高さの測量によって男体山の標高が2486mに訂正された経緯がある。



頂上からの景色は遮るもの無し。 
360度開け、眼下に中禅寺湖・戦場ヶ原、見渡せば日光白根山から皇海山のほか、武尊山、谷川岳、至仏山、燧ケ岳を望めます。


日光市の男体山(標高2486メートル)の山頂に、シンボルとされる岩に突き刺さる約3・5メートルの大剣が復活した。

1880(明治13)年、宇都宮の刀鍛冶の作が奉納されたと伝えられてきたが、今春、根元から折れているのが見つかった。
開山記念1230年の今年(2012年)、下野市の男性が新たにステンレス製の剣を奉納することになり、この日、山頂で剣の除幕や神事が行われた。
 

昨年(2011年3月)の大震災で倒壊したとみられた山頂付近の石鳥居も、日光市の男性がヒノキを奉納し、木の鳥居として蘇(よみがえ)ったという。
剣と鳥居の復活に日光二荒山神社中宮祠は「震災復興の象徴としたい」と話している。





PCで仕事の依頼、PCで仕事の内職・↓・↓・↓・(Lancers:ランサーズ)

Lancers.jp




【小生の主な旅のリンク集】


《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)  日本温泉紀行 

【日本の世界遺産紀行】   北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉   大日光紀行と世界遺産の2社1寺群   

東北紀行2010(内陸部)    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002   日光讃歌



【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍−穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   日光の山々   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」   「日光の自然」

posted by 織内将男 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日光・男体山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。