2012年05月23日

南ア・鳳凰三山紀行(13) 「鳳凰山私説」






南ア・鳳凰三山紀行(13) 「鳳凰山私説」 .








奈良法皇(孝謙天皇)は甲斐の国の奈良田に、八年間在位されたという伝承もあり、病を癒された上皇は甲斐の国を巡視しながらも仏教に力をいれ、神仏習合の制度を更に進めることになる。 

ある時、韮崎の西にこんもりした山が聳えていたので、お登りになり周囲の山々の展望を楽しんだ。
この山地は古くから人々が生活していた痕跡もあり、頂上には社宮があって、前衛の峰越に「おおとり」(大鳥、鳳鳥)のような高嶺が望めた。
上皇は大空にすっくと立つかなりの高さの大岩塔を見てびっくり、自然の偉大さに驚き、神々しささえ感じた。
垣間見る大岩塔は仏像にも思え、地蔵仏そのもので、この山域の奥の院そのものであった。
何時の日かあの尊佛を拝謁しようと心に決めた。


そして充分に体力を整えた後、天平宝字5年(761年)、上皇は身内の随員と地元の山案内人を立たせて奈良田を出発した。
奈良田の里宮を出発した一行は、ドノコヤ峠を越えて桃の木の豊富な桃源のような里に達した。 
遷宮の地・奈良田から桃の木までは僅かな距離であった。
アルプスの大自然に囲まれた温泉も豊富に湧き出る地でお休みになり、この時、渓谷の中の平地に山桃の群生をご覧になった、この地を桃の木平とし温泉を桃の木温泉としたという。
この後、夜叉神峠峠を経て鳳凰山の山塊に取りつき、辻山から薬師ヶ岳辺りで御休所とし当地で併せて修験を積んだとされ、この辺り一帯を「御室の地」と称してた。
更に、上皇は険しい峰々をお登りになって、遂に心に念じていた地蔵仏である大岩塔に自ら身を捧げ、病気の完全治癒と国家安泰を祈願拝謁した。
上皇はこの山岳の名を地蔵岳にせよ、更にこの高嶺全体を「おおとり」と御身に倣って「鳳凰山(法皇山)とし、それぞれの山頂部を観音、薬師の名を付せよと命じたと言う。
この後、燕頭山、旭岳に至り麓の地でお休みになった。 この御休み所を後に御座石と命名したと伝えられる。 この時、霊泉が湧くのを発見し、更に、この山郷で薬草などをお見受けしたとされる。
帰路は、鳥居峠から進んで韮崎の里へ、更に、先刻伺った苗敷山の近くを通り再び桃の木へ至って、その後、奈良田へ下りたという。


奈良田で八年間の第2の人生を過ごされた上皇は、第一の故里奈良の平城にお戻りになって、再び、第48代の天皇の位置に帰り咲いた。
天皇の名を「称徳天皇」と称した。
政権の中枢に戻った称徳天皇であるが、在位中は必ずしも順風ではなかった。
六年間の在位中で最大の出来事は、「道鏡事件」であった。
「宇佐八幡宮神託事件」とも呼ばれるが、道鏡が皇位を窺った前代未聞の出来事でえあったがが、和気清麻呂の活躍によって、皇統の断続は免れるという象徴する出来事と言えよう。
称徳天皇の治世は、幾つかの仏教保護政策を除くとめぼしい政策はほとんど見られないという。
その仏教保護の中でも次々と大寺に行幸し、東大寺と並ぶとされる西大寺(奈良市にある寺院で、真言律宗総本山であり南都七大寺の1つ)の拡張や西隆寺(西大寺そばの右京一条に建立)の造営、百万塔の製作を行うなど仏教重視の政策を推し進めた。一方で神社に対する保護政策も厚く、伊勢神宮や宇佐八幡宮内に神宮寺を建立するなど神仏習合がさらに進んだとされる。



次回、 「鳳凰山の名称





【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観   奥州・平泉

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   南アルプス・鳳凰三山   北ア・槍−穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「山旅の記」   「山の歌」   「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」





posted by 織内将男 at 14:53| Comment(0) | 大菩薩峠紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

大菩薩峠・紀行(38) 「奥多摩湖とむかし道」

.




 大菩薩峠・紀行(38) 「奥多摩湖とむかし道」  .



小河内ダムと奥多摩湖(奥は水と緑のふれあい館)


奥多摩むかし道MAP(奥多摩町観光)



青梅街道(国道411号線)の舗装道路を歩くのは若干しんどいが、渓谷沿いの道なので意外に楽しい。
余慶橋辺りが中間点であろうか、丹波のバス停まではあと少々である。

まもなくキャンプ場や山の家、民宿などが現われて、間もなく丹波の集落に到着した。
バスの停留所は、停西東京バス氷川駅行(昭和46年から奥多摩駅に改称)となっていた。 
又、道際の近くにに旧青梅街道・大菩薩峠の案内板が立つ。

そう、この集落は大菩薩峠越えの甲州街道裏街道として発展した宿場集落でもあった。
かつての裏甲州街道(青梅街道)であった大菩薩峠への登山口でもある。


ところで、大菩薩峠が多摩川水系と富士川水系との分水嶺となっていて、この分水嶺や山岳尾根の様子,そしてバスの路線などから考えると丹波山村(小菅村も同様)は東京都に属していそうなのであるが,そうではなく実は山梨県となっている。
実は現在も山梨県側の丹波や小菅は、同県内からの路線バスは走っておらず,全て東京都側の奥多摩駅からの便となっている。

氷川(現奥多摩駅)との交通事情がよくなったのは大正時代における改修や昭和になってからの小河内ダム建設(奥多摩湖)に伴う補償としての道路改修により、車の通行ができやすくなったのである。
 


奥多摩湖の堰堤・小河内ダムは東京都奥多摩町(都心から約65km)にあって、標高530mに位置し、多摩川上流域を水源とする集水域は東京都奥多摩町、山梨県丹波山村、小菅村及び甲州市の4市町村にまたがる。
ダム上流域に降る雨や雪(年間約1,600mm)が丹波川、小菅川などに流れ込んで集まり、貯えられた水は、ダム直下の多摩川発電所で発電に使用後、多摩川に放流され、水道原水として取水されている。
集水域面積は約263km2(都内区部面積の約40%)の広がりをもっておりその内の60%以上が東京都の水源林となっている。


建設計画自体は昭和初期に遡る。
だが、ダム建設予定地である旧小河内村の用地買収の難航、着工寸前に起こった水利紛争、戦争激化による建設工事の中断等により、着工から19年の歳月をかけて竣工した。
主要堰堤工事は1938年(昭和13年)に 起工、1957年(昭和32年)に竣工している。

完成当時は、東京の水源は主に多摩川水系に依存していたが、現在は都の水源の約20%となっています。 しかし、小河内ダムは東京都の独自水源として、利根川水系の渇水時や事故時には放流量を増やすなど、住民の安定給水の確保に重要な役割を果たしている。
尚、小河内ダムは、建設から50年以上が経過しているが、耐震性調査を行った結果、想定される最大級の強さの地震に対しても安全であることを確認している。 
 
堰堤の規模は、標高:530m(堤頂の道路部)、型式:非越流型直線重力式コンクリートダム、高さ:149m、長さ:353m、流域面積:263km2、有効水深:101.5m、有効貯水量:185,400千m。



奥多摩湖から下流、氷川(奥多摩駅)から昔の青梅街道(旧青梅街道)が、「奥多摩むかしみち」として保存されていたて、山深い道を通り、奥多摩駅から奥多摩湖まで歩くことができる。
初心者向けのハイキングコースで、舗装路・未舗装路・アップダウンとそれなりに変化のある道で、全工程の距離は約9km、ゆっくりで凡そ4時間の行程である。
奥多摩駅前の観光案内所ではコースマップを無料配布している。

主な見所は奥多摩駅より湖にむかって、羽黒坂、羽黒神社、小河内ダム建設のための鉄道廃線、人馬の休憩所跡、馬頭観音、不動の上の滝、巨岩を御神体とした白髭神社、耳神様
谷底へ落ちて死んだ馬を供養するための馬頭尊、縁結びの地蔵尊、馬の水飲み用の石桶、むし歯直しのお地蔵さん、中山集落、青目不動尊(非公開)、そしてゴールは奥多摩湖畔で
奥多摩水と緑のふれあい館」(入館無料)がある。


  『


【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   北ア・槍−穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)

《山のエッセイ》
「上高地雑感」   「上越国境・谷川岳」   「丹沢山塊」   「大菩薩峠」




posted by 織内将男 at 14:17| Comment(0) | 大菩薩峠紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

大菩薩峠・紀行(37) 「尾崎行雄」

.




大菩薩峠・紀行(37) 「尾崎行雄」 .




東京・永田町の憲政記念館に立つ、晩年の「尾崎行雄」銅像




明治維新後、多摩川上流域の山林は過度の伐採や開墾、焼畑等が行われており、そのため森林の荒廃や水質の汚濁がしばしば発生するようになった。 
更に、東京府は降雨のたびに水源である多摩川や玉川上水の水が濁ることに悩まされてきた。

そこで、その原因を探るた水質専門家による調査を依頼し、結果、東京市の飲料水や東京府の農業用水を安全に確保するために多摩川上流域に広がる森林を「水道水源林」として管理を開始するようになった。


東京府が水源林経営に本格的に着手してから9年後の1910 年(明治43)、『 水源林の経営は、市民に水を供給する責任を負っている東京市が行うべきである 』との尾崎行雄東京市長の判断によって、東京市による水源林の経営が始まったのである。


水道水源林の位置は、山梨県塩山市、丹波山村、小菅村、東京都奥多摩町に分布していて、水道水源林の面積は約22,000ha 、そのうちの64%が山梨県に属している。

多摩川の水源林は保水能力のない針葉樹林は少なく、7 割以上がブナ、栂、ミズナラ、カエデ類を中心とした天然の落葉樹であり、人手があまりかからない良質の林で形成されている。


尾崎行雄(1858-1954)は神奈川県津久井町(現、相模原市)の出身で、95才という長寿を全うした。
代議士生活63年(25回連続当選)という世界一の記録保持者(二番はイギリスのチャーチル)で、「憲政の神様」ともいわれ、一貫してクリーンで明朗な政治家であったという。
この間、東京市長時代は明治36年から9年間に及ぶ。



犬養毅(第29代内閣総理大臣、五一五事件で暗殺)とは大の親友で、民主主義のために闘った二人は尾崎とともに「憲政二柱の神」と仰がれた。
犬養が昭和7年5月15日に陸軍の政治テロにより射殺されたとき、イギリスにいた尾崎は、

『 我が友の 殺されたるを夢として 聞かんと祈り眞かと思ふ 』
と悲墳の歌を作っている。

昭和12年、老齢尾崎が79才のときの議会演説で、『 日本帝国はどこに行くつもりで舵をとっておるのか・・! 』と、決死の覚悟で軍部の横暴や軍事費の増大を批判した。
 
このもの凄い演説は新聞にも大きく取りあげられ、全国から感動の手紙が続々と届いたという。
しかし、尾崎の必死の努力は空しく軍国主義はますます進んで、日中、太平洋戦争に突き進んでゆくことになる。


次回最終、「奥多摩湖とむかし道



【小生の主な旅のリンク集】

《日本周遊紀行・投稿ブログ》
GoogleBlog(グーグル・ブログ)   FC2ブログ   C・掲示板   FC2 H・P   gooブログ   yahooブログ

《旅の紀行・記録集》
「旅行履歴」
日本周遊紀行「東日本編」   日本周遊紀行「西日本編」   日本周遊紀行 (こちらは別URLです)

【日本の世界遺産紀行】
北海道・知床   白神山地    紀伊山地の霊場と参詣道   安芸の宮島・厳島神社   石見銀山遺跡とその文化的景観

東北紀行2010内陸部    ハワイ旅行2007   沖縄旅行2008   東北紀行2010   北海道道北旅行   北海道旅行2005   南紀旅行2002


【山行記】

《山の紀行・記録集》
「山行履歴」   「立山・剣岳(1971年)」   白馬連峰登頂記(2004・8月)   八ヶ岳(1966年)   南ア・北岳(1969年)   南ア・仙丈ヶ岳(1976年)   北ア・槍−穂高(1968年)   谷川岳(1967年)   尾瀬紀行(1973年)   大菩薩峠紀行(1970年)   丹沢山(1969年)   西丹沢・大室山(1969年)   八ヶ岳越年登山(1969年)   奥秩父・金峰山(1972年)   西丹沢・檜洞丸(1970年)   丹沢、山迷記(1970年)   上高地・明神(2008年)



posted by 織内将男 at 10:37| Comment(0) | 大菩薩峠紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。